スポンサードリンク  


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかあさん、げんきですか。 (絵本・いつでもいっしょ)

おかあさん、げんきですか。 (絵本・いつでもいっしょ)
後藤 竜二
ポプラ社
売り上げランキング: 148080



寒い休日。

小学生(中学年)の子どもが、静かに本を読んでいたので、

覗いてみましたら、この『おかあさん、げんきですか。』でした。



母の日に、

「おかあさんに、かんしゃのてがみをかきましょう」と、

小学校で課題が出されました。


手紙を書く教室の机の上では、

原稿用紙に片足をのせたおかあさんが、

両手を腰に当てて、「ぼく」をキッと見ています。

「ぼく」は、タジタジです。



絵は、武田美穂さん。

となりのせきの ますだくん』を描いた方と言えば、お分かりでしょうか。




 ぼくは、ちょっとはずかしいから、おもいきって、

 いいたいことをかきます。



怖いおかあさんに、手紙を通して何か伝えるのだな、と思って続きを読むと、


おかあさんの口癖の「わかった?」をやめてほしい、

ぼくのへやをかってにそうじしないでほしい、ということが書かれています。


こう書くと、「ぼく」からおかあさんへの注文を書いただけのように思えますが、

実は、


「ぼく」のことを心配するおかあさんへの、

「心配しないでください」、という気持ちや、

「友だちやおかあさんとの想い出を大切にしたい」、という「ぼく」の気持ちが、

書かれたものだということが、行間から読み取れます。


おかあさんの愛を感じているけれど、

まっすぐには、「ありがとう」と言えない「ぼく」の、

おかあさんに対する感謝の気持ちが伝わってきて、泣けました。





ふと、『おばあちゃんがいるといいのにな』を思い出しました。

自分の母親がもうおばあちゃんだからでしょうか?




にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

tag : 絵本 中学年 お母さん

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。 クリックしていただくとうれしいです!
ブックマーク


検索フォーム
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

キーワード
本をおさがしなら
子どもの教育
スポンサードリンク
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

プロフィール

childbookhouse

Author:childbookhouse
「子ども向けおすすめ本」ブログへようこそ!

現在、小学生~高校生の3人の子どもがいます。子どもとこれまで読んできた本や、自分が読んで子どもにすすめたい本などをご紹介します。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

ブロともになってくださる方は、クリック!

QRコード
QRコード



      


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。