FC2ブログ

スポンサードリンク  


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『くろまるちゃん (しかけえほん)』

ひさしぶりに
休日に子どもとお散歩しながら
絵本屋さんへ行きました。

保育園児が欲しがるのは、
音が出るものや仕掛けがあるもので、
対象年齢2歳以上というようなものです。

さすがに、幼すぎるのではないかなあと思い、
それは、「○歳の子が読むんだよ」と話すと、

それではと、本格的な仕掛けの本を見つけてきます。
今日手に取ったのは、これです。

くろまるちゃん (しかけえほん)





いや、すごいです。
しかけもここまでやると、芸術ですね。

幾何学的な仕掛けがとびだすだけでなくて、
「くろまる」を探しながらページをめくる楽しみもあります。

しかし、保育園児に触らせたら、すぐに壊れてしまいそうなほどの繊細さを感じました。お値段\2520は高いとは思えませんが、壊れることを想像すると手が出ませんでした。

隣にあった

は、\2940でした。


芸術好きな人や、機械の好きな男の人へのプレゼントかなあ、と思ってみたり、
小学生高学年くらいの子どもに見せて、「夏休みの自由研究にでも作ってみたら?」なんて言ってみたり、とも考えました。

複雑なしかけもありますけど、最初の仕掛けならできそうかなと、思いました。

たとえば、

ちょっと厚みのある3まいの紙を用意して、
横方向で綴じて、
真ん中の紙に切り込みを入れていきます。

切り込みの入れ方は、
綴じている反対側から、綴じた方に向かってまっすぐに、
5mm位の等間隔にします。

びらびらがたくさんできます。

切り込みを入れた紙のいちばん上を、
3枚綴じた紙の1番上の紙と貼り付けます。

切り込みを入れた紙のいちばん下を、
3枚綴じた紙の1番下の紙と貼り付けます。

これで、できあがり。


んー、上手く説明できませんね。
言葉の力のなさを感じます。

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

tag : しかけ絵本

コメント

Secret

カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。 クリックしていただくとうれしいです!
ブックマーク


検索フォーム
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

キーワード
本をおさがしなら
子どもの教育
スポンサードリンク
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

プロフィール

childbookhouse

Author:childbookhouse
「子ども向けおすすめ本」ブログへようこそ!

現在、小学生~高校生の3人の子どもがいます。子どもとこれまで読んできた本や、自分が読んで子どもにすすめたい本などをご紹介します。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

ブロともになってくださる方は、クリック!

QRコード
QRコード



      


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。