スポンサードリンク  


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もうひとつの研究所パラパラブックス」シリーズがスゴイ

こどもと近くの「絵本屋」さんへ行ってきました。

寒い日でしたから、外で遊ぶというわけに行かなかったもので。

そこで見つけたのが、こちら。

うさみみ(もうひとつの研究所パラパラブックス)




パラパラブックなんですが、スゴイです。

初めて見たときの感動ったら、ありません。

お店の中で、思わず、「すごーい」と声に出してしまったくらいです。


ピンク色の「うさみみ」が、ロープを引っ張ると、

扉がつぎつぎに開いて、

しかも、回りながら落ちていくんです。

それが、どんどん迫ってくるカンジがリアルです。

うーん、うまく説明できない。



ちょっと高いかなあと思いましたが、

買う価値があると思います。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
他にも幾つかシリーズがありました。


めからかいこうせん(もうひとつの研究所パラパラブックス) (Flipbook もうひとつの研究所パラパラブックス Vol. 2)



本当に光線が出ているように見えます。


階段のふり(もうひとつの研究所パラパラブックスvol.4) (Flipbook もうひとつの研究所パラパラブックス Vol. 4)



幾つかあったシリーズの中で、子どもが一番興味を持ったのがこれでした。
反対に、わたしには一番よく分かりませんでした。
階段のふりをしている生き物が、だんだん現れてくるというものなのですが、
最後は、とんでもないことに。

テーマ : 児童文学・童話・絵本
ジャンル : 小説・文学

tag : 絵本 ぱらぱら パラパラブック

コメント

Secret

カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。 クリックしていただくとうれしいです!
ブックマーク


検索フォーム
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

キーワード
本をおさがしなら
子どもの教育
スポンサードリンク
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

プロフィール

childbookhouse

Author:childbookhouse
「子ども向けおすすめ本」ブログへようこそ!

現在、小学生~高校生の3人の子どもがいます。子どもとこれまで読んできた本や、自分が読んで子どもにすすめたい本などをご紹介します。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

ブロともになってくださる方は、クリック!

QRコード
QRコード



      


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。