スポンサードリンク  


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界夢ケーキ宣言!

中学生に読んで欲しい本のご紹介です。

中学生も2,3年生ともなると、進路のことが気になる方が増えてくるのではないでしょうか?

今日ご紹介するのは、進路・職業について考えることのできる一冊です。


世界夢ケーキ宣言!―幸せは家族だんらん





作者の清水慎一さんは、長野県伊那にある「菓匠Shimizu」というお菓子屋さん(ケーキ屋さん)のシェフパティシエさんです。

その清水さんが、
どのように育ったのか、
どんな修行をしてきたのか、
どんな気持ちで経営しているのか、
といったことをまとめた本です。


わたしは、

菓子創りは、夢創り。
菓子屋が変われば、世界が変わる!


という言葉に惹かれました。


お菓子屋さんが世界を変える? と受け取ると、
大層なことだなあと思いそうですが、
この本を読んでみると、ホントに変わりそうな気がします。

ご自分だけでなく、
お店の方々みなさんがそう思っているのだろうなあ、と伝わってきます。
周りの人をその気にさせてしまう技術や手法といったものも学びたいところですけど、
それよりも、情熱を感じます。自分にもほしいなあと思います。

いきなり世界に飛び出すといった類のものでなく、
目の前のお客様を大切にしながら、
つまり、きっと1つ1つのケーキやお菓子を大切に作りながら、
世界を見ているというところに惹かれるのです。


進路を考え始めると、
中学生は、「行きたい学校」になってしまうことが多いのではないでしょうか?
自分がこれまでやりたかったことは、とりあえず横に置いておいて、
学習だけになってしまうことになりがちなのではないでしょうか?

あるいは、自分はこの職業に就きたい。
だから、この学校に入らなければならない、なんて、
義務みたいになってしまうのではないでしょうか?

難しいのかもしれませんけれど、
この本を読んで、自分自分でなくて、
家族のため、周りの人のため、社会のために、って考えられるといいなあ、と思います。



菓匠Shimizuさんでは、
これまで、「夢ケーキイベント」をしてきました。
1年に1度、
親子で夢を語りそれを絵にしたものと、
同じケーキを創ってプレゼントしていたのです。

その活動が発展されたのでしょうか、今、
東日本大震災チャリティー夢ケーキ2011」という活動を始めたそうです。
詳しくはリンク先をご覧ください。

さて、この活動(ケーキ1台の)料金は2000円以上だそうです。
「以上」というのは、
その全額を先の東日本大震災の義援金として寄付するからだそうです。

ケーキに夢を載せていただく上に、
間接的にこの度の震災に遭われた方々に夢を広げられる、
そんな素晴らしい活動だと思います。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

ちなみに、
本書内にありましたが、
1台の夢ケーキを創るのには、3000円~5000円かかるそうです。

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 中学生 職業 ケーキ屋さん

コメント

Secret

カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。 クリックしていただくとうれしいです!
ブックマーク


検索フォーム
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

キーワード
本をおさがしなら
子どもの教育
スポンサードリンク
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

プロフィール

childbookhouse

Author:childbookhouse
「子ども向けおすすめ本」ブログへようこそ!

現在、小学生~高校生の3人の子どもがいます。子どもとこれまで読んできた本や、自分が読んで子どもにすすめたい本などをご紹介します。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

ブロともになってくださる方は、クリック!

QRコード
QRコード



      


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。