スポンサードリンク  


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味順で英作文 『〈意味順〉英作文のすすめ (岩波ジュニア新書)』

英語に抵抗がある小学生や中学生、そしてオトナにオススメ!

〈意味順〉英作文のすすめ (岩波ジュニア新書)






小学校でも英語学習がはじまってます。

英語に苦手意識があったわたしは、
文型なんてさっぱり分からなくて、
英作文が書けるといいなあと思っていたのですけど、
こんな方法があったら、中学生の頃から、英語の学習に、やる気になっていたかもしれません。


その方法とは、

「だれが」「する(です)」「だれ・なに」「どこ」「いつ」

という順序で書く、ということです。


本の中では、順番が決まっているボックスに言葉を書いて入れていって、楽しみながらカンタンに英作文ができてしまいます。
こんなのでいいんだあ、と思うほどです。

ただ、気をつけようと思ったのは、
普段使っている日本語を、
英語の、意味順の、日本語の文に変換する手間があるんだ、ということです。

例えば、「私はトアキです。」「姉が1人います。」という文章なら、
1文目の I am Aki.
は、すぐできますけど、
そのまま考えると、2文目を My sister is ~
なんてしてしまう。
そこで、
「姉が1人います。」を「私は1人の姉をもっている。」のように変換しましょう、
ということです。

実は、英作文ってこういうことが、難しいと思うのですが、、。

詳しいことは、ぜひ、本書を読んでくださいませ。


意味順ノート」も発売されています。これを使えば、英作文の練習が自分でできますね。



同じ著者の、こんな本もありました。

意味順英語学習法


テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 中学生 英語学習

コメント

Secret

こんばんは

だいぶ涼しくなりましたね~。
節電の夏も終わり、ようやく秋らしくなってきましたが、
体を壊さないようにして下さいね。

カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。 クリックしていただくとうれしいです!
ブックマーク


検索フォーム
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

キーワード
本をおさがしなら
子どもの教育
スポンサードリンク
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

プロフィール

childbookhouse

Author:childbookhouse
「子ども向けおすすめ本」ブログへようこそ!

現在、小学生~高校生の3人の子どもがいます。子どもとこれまで読んできた本や、自分が読んで子どもにすすめたい本などをご紹介します。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

ブロともになってくださる方は、クリック!

QRコード
QRコード



      


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。