スポンサードリンク  


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プレジデント Family (ファミリー) 2012年 12月号 東大生184人の親の顔』

やはり
弱いんですねえ。
また、タイトルに惹かれて買ってしまいました。

プレジデント Family (ファミリー) 2012年 12月号 [雑誌]

現役東大生と同世代の若者との比較を数値で表している特集「やっと違いがわかった! 勉強意欲が燃え上がる家の「8つの仕掛け」」も参考になりましたが、
それよりも、こうしたトーダイを扱った本や雑誌で私が気になるのは、
この号でいうなら、
「勉強が好きになる本」とか、
「勉強に役立つアプリ」だとか、
「算数オリンピック表彰式で出合った 子供の脳がよろこぶ定番グッズ」だとかといった特集です。

子どもたちに何を触れさせればいいのだろうと思っているので、こうした記事は参考になります。



ちなみに、我が家にあったのは、
LaQというブロック、
香川元太郎さんの「迷路」本シリーズだけでした。


B002RT9486
LaQ イマジナルシリーズ ハマクロンセット

4569685323
時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで

B009ISQ7OI
プレジデント Family (ファミリー) 2012年 12月号 [雑誌]

テーマ : 雑誌の付録
ジャンル : 本・雑誌

tag : 東大生 親の力

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

Secret

カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。 クリックしていただくとうれしいです!
ブックマーク


検索フォーム
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

キーワード
本をおさがしなら
子どもの教育
スポンサードリンク
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

プロフィール

childbookhouse

Author:childbookhouse
「子ども向けおすすめ本」ブログへようこそ!

現在、小学生~高校生の3人の子どもがいます。子どもとこれまで読んできた本や、自分が読んで子どもにすすめたい本などをご紹介します。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

ブロともになってくださる方は、クリック!

QRコード
QRコード



      


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。