スポンサードリンク  


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『E判定からの大逆転勉強法』

E判定からの大逆転勉強法
4806134422

何をしたらいいかわからない、と、わが子が休日などに言うことがありますが、
高校の低学年で、何をいつどう勉強したらよいか悩んでいる人に参考になるかもしれません。
なるかもしれません、という曖昧な言い方は、自分ならこの『E判定からの大逆転勉強法 』に説明されている学習法を実践しようと思いますが、人により悩んでいる部分が異なると思うからです。多くの方は、悩んでいるだけで実際に行動できないというところが悩みのようですけど。

受験勉強をするのに、
どの教材、問題集がいいのか、というところは考えるでしょうが、
その教材をどのように使ったらいいのか、
いつ使ったらいいのか、
というところにまではなかなかいかないのではないでしょうか。

この問題集いいよ! というアドバイスをいただいて使ってみるとしても、それを、いつ、どのように使うのか、というところは、実際に使ってみないとわからないというのが現状でしょうか。

進学校に通っていて、多くの先輩とのつながりがあれば、口コミで情報を得られるかもしれませんが、それでも、自分の実力と合っていなければ、効果はないでしょう。

そうした不安を持つ方にはこの本は心強い味方になると思います。
現状から入試までの一つの指針です。


塾に行っていたとしても、少人数の塾でなければ、個々人の学習計画などにまでは目がいかないでしょう。
いつ、何をすればいいか、などというアドバイスは期待できません。

自分の子どもの高校入試の時のことを振り返ってみると、簡単な問題を与えられて、時間をつぶしているようなところさえありましたから。


自分で学習を進める。
たとえ、モチベーションを高めることができなくても、淡々と学習する。
学習はするものだ。気分が乗る乗らない。やる気が出る出ない。そんなことを抜きにして、今やることはこれ。と示してくれる、一つの指針です。


できるだけ簡単で、できるだけ早く1周できる教材を選び、それを毎日やって、1冊が完ぺきになるまで反復練習します。そうするだけで、あなたの潜在意識にはプラスの暗示がかかり続けます。少々のことではへこたれない、本番に強い心が育つのです。それこそが学力を超える、ホンモノの合格力なのです。





読んでいて、
この反復するというところから、
宇都出雅巳さんの「高速大量回転法」を思い出しました。
1回目より、その後に学習する方が、かける時間が少なくて済む。
2回目を学習する時に、既に学習したところを復習する、というやり方です。

この『E判定からの大逆転勉強法 』の優れているところは、その回転のさせ方を、実際に、計画の例として示しているところだと思います。

ちょっと長くなりますが、「数学の勉強法」で引用しますと、

〔120問の教材をマスターする計画の例〕
一週目
月曜日 (数学をしない日)
火曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問1~6)
水曜日 (数学をしない日)
木曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問7~12)+(問1~6のセルフレクチャー)
金曜日 (数学をしない日)
土曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問13~18)+(問1~12のセルフレクチャー)
日曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問19~24)+(問1~18のセルフレクチャー)

二週目
月曜日 (数学をしない日)
火曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問25~30)+(問1~24のセルフレクチャー)
水曜日 (数学をしない日)
木曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問31~36)+(問1~30のセルフレクチャー)
金曜日 (数学をしない日)
土曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問37~42)+(問1~36のセルフレクチャー)
日曜日 数学大問6問 7分×6問=42分(問43~48)+(問1~48のセルフレクチャー)

最後の行は、おそらくミスだと思われますが、それにしても、こうして学習すればいいのだ、ということがわかるのはありがたいことです。



『田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式』田村秀行著


先日ご紹介しました『田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式 』を子どもにすすめてみましたが、「前半は読んだけど、後半が、、、」と。筆者の思考の流れを追いかけるのが面倒な様子です。それでは、自分の独りよがりで終わってしまいますから、実力upにはつながらないんでしょうね。
もう一度、これをすすめます。

ポチッとお願いします↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 受験 高校生 大学受験

コメント

Secret

カテゴリ
ブログランキング
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。 クリックしていただくとうれしいです!
ブックマーク


検索フォーム
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

キーワード
本をおさがしなら
子どもの教育
スポンサードリンク
ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

プロフィール

childbookhouse

Author:childbookhouse
「子ども向けおすすめ本」ブログへようこそ!

現在、小学生~高校生の3人の子どもがいます。子どもとこれまで読んできた本や、自分が読んで子どもにすすめたい本などをご紹介します。

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

ブロともになってくださる方は、クリック!

QRコード
QRコード



      


FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。